【2022.Nov】aroma blend of the month 

シダーウッド×パチョリ×フランキンセンス

〜濃厚で温かく心を委ね、美肌・安眠に導くこっくりとしたウッドベースのブレンド〜

NADI YOGA SALONではヨガチケットご購入時にアロマバスソルトをプレゼントしております。

これまではお好きな組み合わせでお渡ししていましたが、11月から毎月替わるおすすめブレンドでのお渡しとなります。それぞれの香りの特徴や物語を知ることでバスタイムがより楽しいひとときになれば幸いです。

*シダーウッド

ヒノキ科の甘みのある温かな木の香り。頭の疲れをとり、心を落ち着かせます。リンパの流れを促し、利尿作用がうっ滞を除去しデトックス効果が期待できます。呼吸器系、のどの痛み、せきが気になる時のサポートとして使われてきました。

ひのきに似た馴染みのある香りでウッド系のオイルではいちばん選ばれています。

*パチョリ

甘く濃厚な香りが特徴の、古くから治療薬として重宝された香料。仏教では白檀や沈香と同様に大切な香料として扱われ、毒蛇やハチに刺されたときの治療薬や解毒剤として中国やアジア、日本でも重宝されていました。ゆったりとコクのあるムスクに似た香りは、持続性が高く、気の使いすぎを和らげ、緊張した心や不安定な気持ちを落ち着かせてくれます。パチョリの成分のひとつパチュレンは静脈やリンパに働きかけ、うっ血除去や冷え性、むくみケアに役立ちます。香水や洗濯洗剤、芳香剤などにも多く使用されています。

パチョリのクリームを塗った翌日、お肌が柔らかくハリがあって驚いた経験があります。収れん作用(ひきしめ)、皮膚軟化作用があり若々しく保つと記述されていたけれど実感したのは初めてでした。また、パチョリをお選びになる方は施術中すやすや眠られている方が多く、さすが重宝されてきた植物はすごいなぁと感心しています。

*フランキンセンス

細胞に働きかけ老化から守る神秘的で濃厚な樹脂の香り。古代からフェイスパックとして使われ、クレオパトラをはじめ王族の間で若返りの香油として用いられてきました。フランキンセンスの名前は中世フランス語の"フランク・エンチェンツ(本当の香り、質の高い薫香)"に由来しています。"精油の王様"として扱われ、紀元前より商人たちが過酷な砂漠を横断する際にフランキンセンスを噛み、健康を維持したと言われています。当時は金と並ぶ高価なものでイエス・キリスト誕生時に贈り物として捧げられました。DNAの修復を促しバランスをとり、細胞を保護して乾燥から守り、キメの整った肌に。

エピソードやワードが強いですよね。濃厚で甘くて神秘的で瞑想との相性が良く、頑張った一日の終わりに包まれたい香りです。乾燥の時期に絶対に外せないオイルです。

アロマを学ぶと植物のパワーと先人たちの知恵に圧倒されて頭が下がります。

最高の普通の一日になりますように*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

【2022.Nov】yoga lesson schedule